憧れの健康な歯は即GETできる!|しっかり歯科治療でGOODな歯

危ない歯周病の治療

20代後半から始まる歯周病

白い歯

「歯」への意識が高まる中、多くの人が何らかのオーラルケアを行なうようになってきました。今日では、若年層の虫歯人口が減少していることなどからも、意識の高まりを感じることができます。 一方、中高年の「歯周病」発生率は増加しています。歯の喪失の原因と言われている「歯周病」は、20代後半から始まります。年齢を重ねる程に、リスクが高まります。 一昔前は、「年をとれば歯を失うのは仕方のないことだ」という風潮がありました。しかし医学が飛躍的に進歩し、歯周病が他の病気を引き起こす原因になると分かってきました。「健康の基本は歯にある」と考えられるようになりました。 このような流れの中で、政府は「歯の健康維持」に努める運動を行なっています。80歳で歯を20本残そうと言う運動(8020運動)は、広く浸透するようになり多くの場面で目にするようになりました。自分の歯を維持するためには、日常のケアと定期的な歯科検診で「歯周病」を予防することが必要なのです。

進化しつづける歯周病治療

「歯周病」の前段階である歯肉炎は、正しい歯磨きを行なうことで改善されます。しかし症状が進行してしまうと、歯周病治療を受ける必要があります。この歯周病治療には、様々な方法があります。症状が軽度の場合は、歯科医院で歯石を除去してもらいます。近年では、より効果が高い超音波で治療を行なうようになっています。また、レーザーで歯石除去や歯周ポケットを小さくする治療を行なう歯科医院が増加しています。重度の場合の歯周病治療には、外科的手術が必要になります。骨を再生する必要がありるのです。近年、この手術は目覚ましく進歩しており、多くの治療方法が確立されています。現在も研究がおこなわれ、更なる可能性が広がるものと考えられています。 今日では医療技術の進歩のおかげで、重度の場合でも歯周病治療を受けられるようになりました。今、歯周病であっても適切な治療を受けることで、改善することができます。症状がない場合は、歯科医院で定期検診を受け、予防に努めることが大切です。